21世紀の歳時記

1年365日毎日の暮らしに役立つまめ知識・お得情報いっぱい

*

らっきょう甘酢漬けの作り方と食べ頃、効果・効能について

  2015/04/10

21cd7e32c19a91fcc72c19d207cfa71e_s

らっきょうは、平安時代から日本各地で食べられてきました。
そのため、各地で独自の発展をとげ、
甘酢漬け、塩漬け、梅酢漬け、みそ漬け・・・
漬け方だけでも色々あり、作り方に至っては各家庭ごとに違っていたりします。

そこで、初めてらっきょうを作る方に向けた
簡単で美味しいらっきょうの漬け方、作り方をご紹介します。

スポンサードリンク
  

らっきょうの甘酢漬けの簡単な作り方

もっとも一般的?ならっきょうの漬け方「甘酢漬け」の作り方。
塩漬けらっきょうの袋詰め(らっきょう漬け用)を買ってきて、
袋に書いてある通りの方法で市販のらっきょう酢に漬けます。

一週間くらいでスグ食べられるようになりますよ。

・・・・

で終わってもいいんですけど、イチから本格的に作りたいという人のために
らっきょうの甘酢漬けの作り方をご紹介します。

◆用意するもの
らっきょう 1㎏
塩水
・粗塩 大さじ6
・水 3カップ
漬け汁
・酢 2と1/2カップ
・砂糖 1カップ
・水 1カップ
・赤唐辛子 1~2本
・粗塩 大さじ2

1.下ごしらえ
泥のついたままのらっきょうの茎と根を切り離し、
2,3回水を替えながら泥を洗い流します。
塩もみしながらよく洗うと外皮が向きやすくなりますよ。

らっきょうを洗うのに時間をかけすぎると水を吸ってしまい、
根元を深く切りすぎるとつけ汁がしみ込みすぎて
らっきょうが柔らかくなってしまうので注意しましょう。

水を切ってから新聞紙やザルの上で乾燥させます。若しくは一晩そのままで乾かします。
熱湯をかけて殺菌するという方法もあるようですが、
水を吸わないように30秒くらいにしておくほうがよいでしょう。

2.塩漬け
塩漬けは水分やアクをしっかり抜くことで腐敗防止になりますし、
乳酸発酵し、甘味や旨みも増します。
また、らっきょうの細胞壁が破壊されることで、漬け汁をよく吸い込みやすくなります。
塩漬けが中途半端だと、腐ってしまったり、
らっきょうのカリカリ感がなくなってしまいますので、
塩はケチらずたっぷり使いましょう(笑)。
しょっぱければ後で塩抜きすればいいだけですから。

塩漬けは塩の量や好みにもよりますが20%の塩度であれば
1ヶ月くらいが目安です。
1ヶ月経ったら、しっかりと塩抜きをしてらっきょうの水分を拭いて乾かしましょう。

スポンサードリンク

3.甘酢を作る
赤唐辛子の種を取り除き、他の材料とともに鍋に入れ、強火で煮立てます。
砂糖が溶けたら火を止めて、冷まします。
漬け汁用のお酢は一般的には食酢ですが
ワインビネガー、りんご酢、もろみ酢など酢なら何でも大丈夫です。
砂糖は使う酢によって量を加減しましょう。純度の高い氷砂糖を使うと、
漬けてから長い時間が経ってもらっきょうの白さを保てるようです。
甘さはもちろん好みがあると思いますので、黒糖(好きなら)を使ってもOKです。

砂糖の代わりにハチミツを使うレシピもあるようですが、
ハチミツだけだとらっきょうに甘みがでないため、
好みもあるでしょうが、できれば砂糖を入れることをオススメします。

4.らっきょうを漬け込む
煮沸消毒して十分に水分を飛ばした容器にらっきょうと甘酢を入れます。
ガーゼなどでしっかりフタをしてらっきょうに空気が触れないようにして
あとは冷蔵庫で保存します。

1日に2,3回容器を揺らして、らっきょうがまんべんなくつかるようにしましょう。

らっきょう甘酢漬けの食べ頃は?

甘酢への漬け込み作業お疲れ様でした。(市販のらっきょう酢を使えば簡単ですけど)
浅漬の場合は7日位、通常は14日くらいすれば食べ頃を迎えます。
酢や砂糖、塩漬けの度合いによっても多少変わってきますし、
これもまた好みがありますのでご自身で色々と試されてみるのが一番です。

まさに、美味しい時が食べ頃ですね。(何かのキャッチコピーみたいですが・・・)

らっきょうの甘酢漬けの栄養・効能は?

昔、みのもんたが、おもいっきりテレビで

「らっきょうは骨にいい」
「骨粗しょう症の予防に効果がある」

と健康食として紹介したことで、
スーパーかららっきょうが姿を消すなんてことがありましたね
(知らないか。)

らっきょうは古くは薬として使われていたということもあり、
栄養はありませんが薬効があります。

確かに、あの臭い、薬っぽいですよね~。

中国では薤白という生薬の扱いなんだそうですよ。
具体的な薬効は、

・ガンの予防
・疲労回復
・整腸作用
・生活習慣病の予防
・血流改善
・コレステロール値の低下
・食欲増進
・アレルギー予防

ただ、いくら体に良いからと言っても食べ過ぎると
下痢などの症状を引き起こすことがあるので注意しましょう。(汗)

まとめ

薬としての効能も高いらっきょうの薬効(言いづらい・・・)
自宅で漬けておけば毎日の食卓で少しずつ食べても1年分くらいは持ちます。
(ちゃんと塩漬けしましょうね)
自分好みの味付けにしておけば美味しくいただくことができて、
しかも健康にも良いと一石二鳥。

ご家族の健康のために、自家製らっきょうの甘酢漬けを作ってみましょう!

スポンサードリンク

 - 5月の話題 ,

  関連記事

梅酒の作り方。違法?ブランデーか?焼酎か?飲み頃は?

スポンサードリンク 青々とした梅の実が収穫されると梅酒作りの時期がきます。 梅酒 …

5月病の原因は?効果的な対策や予防方法について

スポンサードリンク ゴールデンウィークが明けても、なんだ気が重くて学校や会社に行 …

くせ毛でショートカットの場合の髪型は?ボブもできる?

雨が多く湿度の高い梅雨の季節はくせ毛の人にとって困った季節。 スポンサードリンク …

ゴールデンウィークの関東の穴場無料施設&ディズニー

待ちに待ったゴールデンウィークがやってきます。 大型連休は大人も子どもも楽しみな …

こどもの日の由来をわかりやすく説明!こいのぼりは?柏餅は?

スポンサードリンク 毎年5月5日はこどもの日。 ゴールデンウィークの連休も後半に …

紫外線対策は子供の頃から!赤ちゃんの散歩時はどうする?

真っ黒に日焼けした健康的で元気な子供 スポンサードリンク というのは今は昔 日焼 …

潮干狩りの持ち物―子どもの服装・熊手・砂抜きは?

スポンサードリンク 大人も子どもも、少人数でも大勢でも楽しめるレジャー「潮干狩り …

スナップエンドウの旬と栄養は?美味しい茹で方とレシピ

スポンサードリンク 家庭で簡単に栽培できることでも人気のスナップエンドウ スナッ …

母の日のプレゼント 手作りお菓子やメッセージカードは?

毎年5月の第二日曜日は母の日です。 スポンサードリンク 母の日のプレゼントの定番 …

脇の黒ずみ解消法!自宅でできるのは?重曹や口コミ

薄着になる季節、脇の黒ずみって困りますよね。 スポンサードリンク 海やプール、温 …