21世紀の歳時記

1年365日毎日の暮らしに役立つまめ知識・お得情報いっぱい

*

しわができる原因と対策◎食べ物とコラーゲンの効果は?

3269da68f05a198a5f8de1909497740c_s

年齢を重ねるとともに気になってくるのが顔や首もとのしわ。
どうしても仕方ないものではありますが、できれば少しでも目立たなくしたいと考える女性も多いのではないでしょうか?
だからといって、皮膚科やエステで費用と時間をかけて治療・・・というのも中々難しいですよね(私だけでしょうか・・・)

そこで、シワができてしまう原因と毎日の生活の中ですぐにできるしわ対策、食べ物やコラーゲンについてご紹介します。

スポンサードリンク
  

しわができてしまう原因と対策は?

しわができてしまう直接の原因は皮膚の機能が低下してくることです。
ただ、皮膚の機能低下といっても様々な要因が複雑に関連しているので、

これさえ対策しておけば大丈夫!

というものではないんですね。

それでも、日々の生活の中でちょっとしたことに気をつけるだけでもだいぶ違いを感じられます。
簡単にできるしわ対策をいくつかご紹介しますので、是非参考にしてみてくださいね!

・紫外線を避ける
紫外線による活性酸素はしわができる直接の原因となります。日焼け止めやUVケア効果のある化粧品を使いましょう。

・肌の保湿/乾燥を防ぐ
化粧水は「こんなに?」と思うくらいたっぷり使い、また水分補給をマメにして体の外からと中から乾燥を防ぎましょう。

・ヘアスタイルを考える
ポニーテールのように髪の毛を高い位置で毎日結んでいると、頭と顔の皮膚が引っ張られたるんでしまいます。

・仰向けで寝る
横を向いて顔を枕に当てて寝ると顔に余計な力が掛かってしまい、顔のたるみの原因になってしまいます。

・表情を豊かにする
日頃から適度に表情を豊かにすることで、顔全体の筋肉を偏りなく使うことでシワを予防することができます。

・規則正しい生活習慣
お肌の新陳代謝促進のため、バランスの取れた食事と十分な睡眠を心掛けましょう。それからストレスも大敵です。

しわの対策に効果のある食べ物は?

しわ対策のためのお肌のケアは、外からの刺激だけではなく、体の内からもしていく必要があります。
体の中からの対策って、ヒアルロン酸注射やレーザー治療でもするの?
というイメージがどうしてもありますが、その前に毎日の食事を見なおしてみてはいかがでしょうか。

ここでは、しわ対策に良いと言われる食べ物飲み物をご紹介します。

・水分をマメにとりましょう
すみません、さっきも同じような事書いてましたね(笑)。でも、水分補給ってそれくらい大切なんです。
コーヒーやジュースではなくてミネラルウォーターがいいですね。いないと思いますがお酒はダメですよ~。

スポンサードリンク

・糖分を控える
白砂糖は腸内で活性酸素を作り出してしまいます。活性酸素は皮膚を酸化させてしまいしわの原因となります。
甘いもの好きな私としては辛いんですが、ケーキなどのスイーツを控えてフルーツを食べるようにしています。

・脂分の摂り過ぎを控える
甘いものの次は油ですよ。このままじゃ食べるものなくなっちゃうんじゃないかと心配になりますが、
あくまで摂り過ぎを控えるということです。脂分を多く含む肉類を食べ過ぎると体が酸化してしまいます。

・コラーゲンを摂取する
出ました!美容に有効な成分として有名なコラーゲンです。コラーゲンは肌の弾力や保湿・柔軟性を保ちます。
コラーゲンはタンパク質の一種で、牛すじ、鶏皮、鶏手羽、カレイに多く含まれています。豆類もおすすめです。

・ビタミンCを摂取する
コラーゲンを体内で合成するためには一緒にビタミンCを摂るのが効果的です。ビタミンCには肌のシミや
そばかす、たるみにも効果を発揮するので、積極的に摂取していきたいですね。

しわ対策にコラーゲンを取りましょう

コラーゲンやビタミンCがしわ対策に大切なのは分かったけど、毎日十分な量を摂取しようとすると
1日のカロリーがとんでもないことになってしまいます。。
そこでオススメなのが、コラーゲンのサプリメントです。

気軽に摂取できるということで、ドリンクタイプのものが人気ですね。
サプリメントは色々発売されているので、ご自身が気に入ったものを飲んでいただければと思うのですが
是非おすすめしたいのが効果的な摂取方法です。

これは、必要摂取量をその都度飲むのではなく、1週間おきにまとめて摂る方法です。
テレビなどでは、いろいろな摂取方法が紹介されています。

最初の1週間は必要摂取量の2倍量を摂取して、次の1週間は1倍、次の1週間は飲まない、という3サイクルで
摂取する濃度に強弱をつけると、コラーゲンを刺激して効率的に摂取できるという実験結果があるそうですよ。

おすすめの摂取時間は、就寝の1時間から2時間前です。
コラーゲンは寝ている間に分泌される成長ホルモンによって新陳代謝が促進されるのでこの間に摂取するといいです。
ただし、就寝前に摂取することは、体質によっては太る原因となることもありますから絶対ではありません。
そのような場合は食後に摂取しても大丈夫です。

しかし注意しなければいけないのは、コラーゲンの過剰摂取です。
どんどん量を増やせばいいわけではありません。
一般的にコラーゲンは1日5g、上限10g、低分子コラーゲンでは1日1gから2gの摂取量、
上限4gで効果が得られると言われていますのでこれを超えないように注意してください。

まとめ

しわの原因と対策はいろいろとありますが、毎日の蓄積によるものが多いため
ご自身に合った方法で、無理なく続けられるものに取り組まれるのが一番です。
楽しく続けてしわの少ないキレイな体を目指しましょう!

スポンサードリンク

 - 6月の話題 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

11763de496a2dd422d8d23e16896871d_s
お中元の意味や由来●地域で時期は違う?マナーや相場は?

スポンサードリンク 夏の贈り物の風習として、日本にはお中元と言う物が有ります。 …

eb29427e5a26908ad5518a26af01d8e0_s
多汗症を自力で治す方法は?ツボや制汗剤は効果ある?

日本で多汗症を自覚している人は7人に1人という調査結果があります。 症状にも個人 …

4f04186bdde7cd9b1d3ae3c3b509acde_s
さくらんぼ狩りで山梨へ行くのにおすすめ時期と口コミ

スポンサードリンク さくらんぼの美味しい季節になると 「お腹いっぱい、さくらんぼ …

f23693c52df36feeeab3b2d442dd1b3f_s
しそジュースの効能は?花粉症に効く?レシピと保存方法まで

6月~7月に旬を迎える”しそ” スポンサードリンク 昔か …

77dc33b83c6a0a064199bc57caa959d7_s
梅雨入りと梅雨明けの定義と宣言とは?平年並っていつ?

毎年この時期になると梅雨入りとなり、しとしとと雨が降る日が何日も続く・・・ なん …

b587a0ebca63ca4791fbc363e52bb2bd_s
部屋の湿気対策は換気から!部屋干しや観葉植物の影響

お部屋の湿気で困っていませんか? 一軒家であればもちろんのこと、マンションであっ …

8ec34d10825d60fd95a9d46680695cf4_s
湿気対策には炭がおすすめ!押入れや床下の除湿効果

炭は身近にあるものでありながら、色々な効果が期待できる便利なものとして注目されて …

ad0c434baa99cf6dee461ac4c6840ba1_s
父の日のプレゼント―60代のお父さんの人気ランキング

毎年6月の第三日曜日は父の日ですね。 アンケートによると父の日にプレゼントを贈る …

032a89a4a8ddc3d8078ba4c21583f3c1_s
杏ジャムの作り方と保存方法&ナパージュにする場合は?

杏(アプリコット)の旬は6月から7月上旬にかけて。 長野、北陸・東北など涼しい地 …

9153f34bd52995491a97c5e69f471001_s
多汗症の原因は食事?改善に効果的なサプリメントや漢方は?

夏が近づき、蒸し暑い日が続くと気になってくるのが汗。 人よりもよく汗をかく、いわ …