21世紀の歳時記

1年365日毎日の暮らしに役立つまめ知識・お得情報いっぱい

*

布団下の湿気取り方法|フローリングにはシートを

  2015/04/10

cdc4502d2f8c80650572e6c1509e88f8_s

ジメジメと湿気が多い季節。
朝起きたら布団の下がぐっしょり!?

「えっ、何?おねしょしちゃったの?」

いいえ、それは布団の下の湿気が原因です。
人は寝ている間になんとコップ1杯分の汗をかきます。
その上、布団の中と床との温度差により結露ができやすくなり
布団の下が濡れてしまうことがあるのです。

そのままにするとカビなどの原因になるため、湿気を取る必要があります。
そもそもベッドを買えば良いという話もあるのですが、
それなりにお金がかかりますし、部屋の広さによってはベッドが置けなかったり
家具を増やしたくないという人もいますよね?

そこで、布団の湿気取りについてご紹介します。

スポンサードリンク
  

布団の湿気取りの方法イロイロ

布団の湿気取りの方法には様々なやり方があります。

・布団の仕舞い方
実は布団の終い方一つで湿気を防ぐことができます。
起きてスグ布団をたたまずに、1時間位経って湿気がなくなってからたたみます。
実家のおばあちゃんが見たらイロイロ言われそうですけど・・・
もちろん、敷きっぱなしの万年床ではダメですよ~。

・天日干し
敷布団の裏面を毎日天日で干す。
なんといっても、これが昔ながらの一番の方法ですね。
湿気も取れて、おひさまの香りがする布団で毎日気持よく眠れます。
でも、なかなか毎日干すのって難しいんですよね~。

・除湿機、除湿剤
部屋の湿気を取ればいいのではないかと考えて除湿機や除湿剤を設置する方もいますが
残念ながら除湿機では布団と床の間の湿気までは取れません。
まあ、部屋の中の湿気を取ることで多少は良くなるかもしれませんけど、根本的な解決にはなりません。

スポンサードリンク

・新聞紙やバスタオル、ゴザ
新聞紙やバスタオル、ゴザなどを布団と床の間に敷くという方法もあります。
新聞やタオルが湿気を吸い取ってくれるので布団はそれほど濡れずに済みます。
ただ、毎日タオルを洗濯したり、ゴザを干さなければいけないので結局掛かる手間は同じような気も・・・。
新聞は捨てればいいけど、新聞って最近とっていない人もいますもんね。

フローリングに布団を敷くなら湿気取りは必須

布団の下の湿気は床と布団の温度差による結露が原因ですので、
床が冷たくなりやすいフローリングの部屋の場合、湿気取り対策は必ずしましょう。
マットレスがあるから大丈夫!と思ってはいけません。
マットレスにも湿気が溜まりやすく、カビが生えてしまうこともありますので。

一番良いのは床と布団の間に隙間を作る方法です。
布団と床の間にホームセンターなどで売っている断熱材やすのこ、あるいは両方敷きます。
これは効果があります。ただ、断熱材の素材によっては、布団と断熱材の間やすのこと床の隙間に
湿気が溜まって濡れてしまうこともあるようなので、ちゃんと確認してから購入しましょう。

布団の湿気取りシートについて

最近は布団の下に敷くための専用湿気取りシートも購入できるようになりました。
手軽に敷けるので、あまりに湿気がヒドイ人はいっそのこと除湿シートを買ってしまった方が良いでしょう。
ただし、布団湿気取りシートにもいくつか種類があり、値段も2000円程度のものから1万円位するものまで様々
あまり安いものだと何回か使っているとスグにダメになってしまうこともあるようです。
できるだけ長持ちさせるためには、湿気取り用の除湿シートも定期的に干すようにしてください。
布団のようにしょっちゅう干さなくてもいいので、手間は減りますね。

まとめ

自分が使っている布団の湿気取りの方法でジメジメした季節も快適に過ごしたいものですよね。

もし万が一、びしょ濡れの原因が湿気ではなく、おねしょだったら・・・着替えて洗濯しましょう(汗)

スポンサードリンク

 - 5月の話題 , ,

  関連記事

梅干しの作り方|初心者でも簡単!かびは?干さない方法とは?

梅干し スポンサードリンク あ~、なんか想像しただけで酸っぱい感じがしてきますね …

ゴールデンウィークの関東の穴場無料施設&ディズニー

待ちに待ったゴールデンウィークがやってきます。 大型連休は大人も子どもも楽しみな …

横浜開港祭の花火大会―打ち上げ場所と穴場スポット

スポンサードリンク 毎年5月末から6月上旬にかけて行われる横浜開港祭。 期間中に …

潮干狩りの持ち物―子どもの服装・熊手・砂抜きは?

スポンサードリンク 大人も子どもも、少人数でも大勢でも楽しめるレジャー「潮干狩り …

らっきょう甘酢漬けの作り方と食べ頃、効果・効能について

スポンサードリンク らっきょうは、平安時代から日本各地で食べられてきました。 そ …

こどもの日の由来をわかりやすく説明!こいのぼりは?柏餅は?

スポンサードリンク 毎年5月5日はこどもの日。 ゴールデンウィークの連休も後半に …

5月病の原因は?効果的な対策や予防方法について

スポンサードリンク ゴールデンウィークが明けても、なんだ気が重くて学校や会社に行 …

脇の黒ずみ解消法!自宅でできるのは?重曹や口コミ

薄着になる季節、脇の黒ずみって困りますよね。 スポンサードリンク 海やプール、温 …

母の日のプレゼント 手作りお菓子やメッセージカードは?

毎年5月の第二日曜日は母の日です。 スポンサードリンク 母の日のプレゼントの定番 …

くせ毛でショートカットの場合の髪型は?ボブもできる?

雨が多く湿度の高い梅雨の季節はくせ毛の人にとって困った季節。 スポンサードリンク …